商品検索

お問合せダイアル
TEL:075-203-6514
FAX:075-202-8503
お食い初め
赤ちゃんの健やかな成長を祝うお食い初め(百日祝い)のお膳はうつわ日和で
展覧会のご案内
【3月18日更新】
展覧会のご案内
うるし工房体験
漆工房見学・体験ができます。

←この日も営業しておりますが、原則発送はしておりません。


クリックで救える命がある

Twittwrツィッター

Facebookフェイスブック

オンラインショップマスターズクラブ

当店はお客様からより信頼されるお店をめざし、オンラインショップマスターズクラブに入会しております

当店ではセキュリティに対してセコムトラストネットと、レンタルサーバー大手ワダックスが提携して提供するサービスを利用しております

「うつわ日和」は漆器 陶器 金属工芸など京都の伝統工芸品の 通信販売オンラインショップです

 木地

切り出した木を器や調度あうように加工すること、または加工したものをいいます。
木材は十分に乾燥させ、くるいのない(変形しない)物を使用します。

漆器の木地にはヒノキ、スギ、ケヤキ、トチ、キリなどの木材が多く使われています。

木地には制作方法により次のように分類されます。

1.挽き物
回転するロクロで椀・鉢などを作ります。
2.曲げ物
柔らかい性質の木を薄くのばし丸く曲げ桜の皮で止め器を作ります。
まげわっぱ、セイロなどがそれです。
3.刳り物(くりもの)
木の内側を手斧などで刳ってつくった槽・臼・木鉢・木皿・盆・杓子などの製品

関連記事 漆器の素地>>

*一部の表現が産地により多少違うかもしれません。また私の浅学のため、言葉足らずや誤解を招くことがあるかもしれませんが、どうかお許しください。

このページのトップに戻る

Copyright (c) 2006 UTSUWA-BIYORI. All rights reserved.